2004.03.17 スキー三昧の日々

左から、若大将ウラキ、ヒロインマキ、そして青大将コブラ富井

テレマークに初挑戦 まだ初心者なんで前後の開きが甘く、アルペンしてるみたい


レースはもう終了したけど、最近はスキー三昧の日々をおくっていました。
先週の初めに、アルペンのジャパンシリーズを観戦。ナショナルチーム時代の仲間に会えたし、滑りも見れたしで楽しかった。俺が出れば優勝だったかな?な〜んちゃって。トレーニングをしっかりやってから、そのうち、またみんなに挑戦したいです。
そして、雑誌のスキーテストと撮影で野沢温泉へ。写真にあるような撮影もしてきました。テーマは70's。詳細は、雑誌が発売される前にお伝えします。
その後は、技術選の観戦へ。そこでもめったに会えない友人達に再会。そして、優勝はメン柏木、ウーマン嶺村と昨年と同じ。確かに2人は別格だったように見えた。

最後は、また野沢温泉に戻り、待望のテレマーク。これがなかなかおもしろいのですよ。前回トライしたレールと違い、テレマークは最初から結構ちゃんと滑れました(下の写真)。今日も滑ったんだけど、楽しかったっていうより暑かった〜。午前中で15℃くらいはあったみたい。4月の後半にも、野沢温泉でスキーの予定だけど、その時まで雪は残っているのか心配です。


2004.03.06 今シーズンのレースは早くも終了

レール一発目

なんとか形にはなった


早くも、今シーズンの俺が出場するレースは、すべて終了してしまいました。先週末は妙高でMt.6シリーズのレースが行われましたが、朝から雪が降り、霧が濃い状況。そんな中、俺は決勝までずっと1位で勝ちあがったけど、結局、その時点で霧が悪化し、レースキャンセルという最悪の結果に。決勝での瀧澤宏臣との対戦を楽しみにしていたのだが・・・。
そして、追い討ちをかけるように、今シーズン最後のレースになる予定だったMt.6志賀高原が中止に。なんともあっけなく、今シーズンは終了してしまった。
当初は、アルペンのレースも出場する予定だったが、膝の調子が思ってた以上に回復しなかったのでやめといた。

というわけで、雪があるうちに滑っておこうと思い、今週は野沢温泉へ。写真にある、レールに初トライしたのであった。まあ余裕だろうと、一発目から勢いよくいったら大転倒(最初の写真)。それから5回くらい連続で転倒し、腕をすりむき、体中あざだらけに。鉄の棒の上に落ちるわけだから、かなり痛いのである。そこから恐ろしいくらいの恐怖感に襲われ、なかなか出来なかったけれど、15回くらいトライしてからだろうか、だんだんおもしろくなってきて、まあそれなりに乗れるようにはなったのだった(2枚目の写真)。次はテレマークにトライしたいね。

そういえば、先週末、スロヴェニアのクラニスカゴラで行われたアルペンワールドカップで佐々木明が、今シーズン最高の4位をゲット。普通に考えたらめちゃくちゃすごい事なのに、みんなの反応は「やったじゃん」くらい。それだけ明は、みんなに認められてるってことなんだけどね。あとは最終戦だけど、もういつ優勝してもおかしくないなあ。俺は、GSの解説をまかされていますが、なんていっても明のスラロームが楽しみだな。みんなも世紀の瞬間を見逃さないよう、スカパーはライブで見るべし!